HOME > サービス > ソリューション > eBASE

サービス&ソリューション

eBASE

マルチメディアの製品情報を一元管理するコンテンツ・マネジメント・ツール

125x125     eBASEは、eBASE株式会社のパッケージソフトウェアで、
  様々な製品情報を管理・運用することが可能です。

     食品業界、住宅業界、文具業界、等で広く使われています。

 

多くの企業では、製品情報と言っても

  1. 基幹システムのマスターとして使われる製品情報
  2. 販売促進に使われる、画像・性能・仕様等の属性を持つ製品情報
  3. 品質・法規制・トレーサビリティに関わる製品情報

等、所管部署ごとに別管理され、データ形式も、テキスト、画像、動画とさまざな形式で保管されています。

eBASEは、このように部署バラバラに管理されるマルチメディアの製品情報を一元管理し、さらに企業間でのデータ交換もサポートする、コンテンツ・マネジメント・ツールです。

ITCは、お客さまのこのような製品情報管理に関する課題に、eBASEを活用したソリューションを提案いたします。

※eBASEはeBASE株式会社の登録商標です。

サービスの特長・効果

  • マルチメディアコンテンツ管理機能
  • データ構造フレキシビリティが高い
  • リッチ製品マスターを様々な他システムと連携運用が可能

eBASEの活用例

  •  eBASEで製品情報を一元管理することにより、販売促進活動におけるカタログ・チラシ作成作業を効率化
  • 営業活動の場面では、ビジュアルで訴求力の高い提案書作成に活用し、効果的な営業活動を推進

 eBASEの概要と特徴

 

  • 仕入先や得意先等、他の企業とのさまざまな形式での商品情報交換を実現・・・マルチメディア・データ交換

リッチ製品マスターを様々な他システムと連携運用が可能詳しくはeBASE社Webサイトへ

http://www.ebase.co.jp/

eBASE プロジェクト事例

  • お客さま事業:包装用品卸販売業
  • 業務名:商品画像コンテンツ管理システム
  • 業務概要

    社内の各部署でバラバラに管理していた画像ファイルをeBASEを導入することで一元管理を実現。 さらに基幹システムの各種マスタと連携する事で、全社的な商品情報管理態勢を構築し、効果的な商品情報の活用を推進。

  • 導入効果
    1. 各種カタログ・チラシ等の制作工程の効率化により制作期間短縮とコスト削減を実現

    2. マルチメディアコンテンツの一元管理とユーザ部門による活用の推進
    3. 総合的な商品情報管理が可能となり、商品管理部門や営業部門等、全社的に活用

 

詳細はこちら

 


お問い合わせ

このページの情報に関するお問い合せは下記にお願いします。

  • お電話の方はこちら 戦略営業部 03-6453-7134
  • WEBからお問い合わせ・資料請求はこちら お問い合わせ・資料請求

協業パートナー募集