DXへの取り組み

お客さまのDXを応援します。

2018年に経済産業省から「DXレポート」が発表されて以降、多くの企業、様々な場面においてデジタル・トランスフォーメーション(DX)の重要性と必要性は認識されてきました。
しかしながら、一方でその推進状況は必ずしも順調に推移しているとは言えません。喫緊の課題が山積されていたり、体制面で脆弱であったりとその原因は様々です。

情報技術センター(ITC)は、お客さまのDXを応援する企業として、お客さまのビジネスを理解し、お客さま目線で一緒に考え、DXの実現に向けて並走していきます。

現状認識
~多くの企業における共通課題~

ITCにおけるDX推進事業

DX推進に向けた適用事例

適用事例1 デジタルイノベーション
(課題)デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応の遅れ

  • お客さまのIT部門のスキルチェンジによる対応力強化
  • 対応策1 テクノロジーリーダーシップを発揮するための技術支援の実施(社員代替も可)
    • 事業部門を一歩先の未来へ導くために → テクノロジーを見極め(目利き)→ ビジネスへの実装
  • 対応策2 デザイン思考によるイノベーションの創出支援
    • 仮説検証型アプローチの限界 → 従来の延長線上にない全く新しいアイデアの創出 → 人間中心の考え方から本質を見極める

ITC DX支援プログラム

  1. ビジネスへ実装するためのITC DX支援プログラム(例)

    • 最新テクノロジー・製品・サービス(商用クラウド等)の調査・選定支援
    • 稼働環境のアセスメントおよび再構築支援(クラウド/オンプレ)
    • 製品・サービス導入支援
    • PoC実行支援(役務提供)  等

適用事例2 レガシーシステム問題への対応
(課題)マネジメント不足(丸投げ体質)や過度なカスタマイズによるブラックボックス化

  • レガシー刷新プロジェクトの推進
  • 対応策1 レガシーマイグレーション・アセスメント&プランニング
    • レガシーシステムの見える化 → 刷新プロジェクト計画の策定
  • 対応策2 レガシー刷新プロジェクトの推進
    • クラウドか/オンプレか → 開発基盤、標準フレームワーク、ローコード開発の活用 → 競争優位性が高く独自性も高いものを再構築

ITC DX支援プログラム

  1. ITCレガシーマイグレーション・メソッドによるレガシー刷新プロジェクトの推進支援(例)

    • 常駐で企業内IT部門の代替機能を提供(1クール3か月ごとに見直し)
    • お客さまの事業部門も参画し、課題を共有(事業部門・IT部門・ITCで共通認識)
    • アセスメント(IT資産の見える化)・・・ライフサイクル、変更頻度等
    • プランニング・・・ライフサイクルに合わせた刷新プロジェクト計画策定
    • 最適な開発メソッド(クラウド/オンプレ)ベースでの再構築提案
    • 製品・サービス(商用クラウド等)の調査・選定支援

【ご参考】レガシーマイグレーションのイメージ

適用事例3 IT部門のスキルチェンジを支援
(課題)ビジネスリーダーとテクニカルリーダーの育成

DXの時代に向けて、お客さまのIT部門のメンバーは、従来のシステムの構築・運用のためのスキルセットに加え、よりビジネス側にシフトした「ビジネスリーダー」と活用技術の目利きとなる「テクニカルリーダー」にシフト・育成する必要があります。

そのために、ITアドバイザリーサービス等で

  • お客さまIT部門はビジネスリーダーへシフトするためにスキルチェンジいただき、
  • 従来お客さまIT部門が担当していたシステムの構築・運用業務は、ITCで補完します。
  • さらにテクニカルリーダーとして社員代替の役割を果たし、最新技術支援サービスの提供も可能です。

適用事例4 CRM & CX ソリューションによる顧客価値の創出
(課題)顧客接点の強化 ~A B C から DX へ ~

DX推進体制

  • ソリューションビジネス統括部内に部を横断する組織として「DXタスクフォース」を設置
  • 「DXタスクフォース」では、DX案件を集約し、DX施策に関する戦略立案からお客さまへ企業への実装まで、お客さまと一体化した体制で推進