商品画像コンテンツ管理システム

全社的な商品画像情報の一元管理を実現

社内の各部署でバラバラに管理していた画像ファイルをeBASEを導入することにより一元管理を実現。
さらに基幹システムの各種マスタと連携する事で、全社的な商品情報管理態勢を構築し、効果的な商品情報の活用を推進。

お客さまの課題

基幹システム商品情報と商品画像の紐付け
  1. 基幹システムで保持している商品情報に商品画像を付加させて、商品の画像を見ながらサイズや商品の規格といった詳細情報を確認できるようにしたい。
商品画像情報の管理強化
  1. 商品画像情報を一元管理できるようにしたい。また、編集権限を設定するなど、正確かつ効率的なコンテンツ・マネジメント態勢を構築したい販売データより送り状印刷を行い、出荷をアウトソーシングとの併用で効率よく行いたい。
商品画像情報の活用推進
  1. お客さまからの問い合わせに対し、営業マンが商品を簡単に検索し、見た目や詳細情報を迅速に回答できるようにしたい。ロット単位の為替を設定し、為替変動に合わせた資産管理を行いたい。
  2. シーズン毎に作成する商品カタログ作りを簡略化させたい。

提案のポイント

基幹システム商品情報と商品画像の紐付け
  1. 日次バッチにより基幹システムから商品情報をeBASEに取込み、eBASE内で画像付きの商品情報管理を実現
商品画像情報の管理強化
  1. eBASE内で商品画像情報を一元管理し、ユーザー権限管理により商品画像の編集権限をコントロール
商品画像情報の活用推進
  1. eBASE標準の検索機能により様々な検索条件により商品の検索を可能にした
  2. eBASEの簡易カタログ作成機能により、カタログ作成を効率化

概要イメージ

基幹システムの商品マスタとファイルサーバにより別管理されていた商品画像コンテンツをeBASEによって一元管理を実現

導入効果

  1. 各種カタログ・チラシ等の制作工程の効率化により期間短縮とコスト削減を実現、タイミングに合わせた効果的な販売促進活動が可能となった
  2. 営業部における提案活動等、ユーザ部門によるマルチメディアコンテンツの活用が推進、わかりやすく、かつ訴求力の高いドキュメントが作成され、提案力がアップした
  3. 総合的な商品情報管理が可能となり、商品企画部門や営業企画部門でのブランド戦略や営業チャネル開発の基礎情報として活用されるようになった
事例の詳細はダウンロード資料にて
ご用意しております。

お客さまの声

  • 情報システム部  課長 汐田 和将 様

    本システムの導入により商品管理部門の商品画像情報の管理が強化され、効率的な商品管理の運用が行えるようになりました。
    また、お客さまのお問い合わせに対しても商品画像情報が簡単に検索できるようになり、現物の画像を見ながら対応することで、迅速かつ的確なサポートが可能となり顧客満足度の向上につながりました。

    さらに簡易カタログの作成機能により、毎年かかっていたカタログ作成のコスト・時間ともに削減され、タイミング良く、効果的な販売促進活動を実施できるようになりました。

お客さまデータ

  1. 会社名
    株式会社 シモジマ
    本社
    東京都台東区浅草橋5-29-8
    業種
    • 包装用品卸/小売業
    • 紙袋/包装紙/紙器/ポリ袋/粘着テープ/食品包材/紐リボン/その他包装資材/POP用品/文具事務用品/店舗雑貨/アパレル関連資材/園芸関連資材
    資本金
    1,405百万円
    お客さま責任者
    情報システム部 部長 田中 雄一様
    お客さまURL
    www.shimojima.co.jp

お問い合わせ

このページについてのご質問や資料のご請求についてなど、まずはお気軽にご相談ください。